• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

植物に必要な水の量:5つのヒント

BAC-Online-planten-water-geven.jpg24 jul

植物に必要な水の量は、種類によって異なります。標準的な量というものは、ありません。植物に必要な水の量を見極めるヒントをご紹介します。まず、水が果たす役割についてお話ししましょう。

水の役割

植物は、光合成のために水を必要とします。このプロセスにおいて、植物は光のエネルギーの助けを借りて、二酸化炭素と水を、グルコースと酸素に変えます。成長するためには、糖が必要です。さらに、水は蒸発と根圧によって発生する栄養素を運ぶのに一役買っています。水が蒸発することで、植物は自身の温度を下げることができます。

あげる水が少な過ぎても、多過ぎてもいけません。水が少な過ぎると、葉っぱが枯れる原因となり、水が多過ぎると、根が腐れてしまいます。以下のアドバイスは、植物が必要とする水の量を測る目安となります。

ヒント 1.植物の種類を特定する

サボテン、多肉植物、サンスベリアなどは、ほとんど水を必要としません。水をやるタイミングの間では、土は完全に乾いてしまっても大丈夫です。ヤシの木やツタには、もう少し水をあげましょう。土は、部分的には乾いてしまっても大丈夫ですが、完全には乾かないようにしましょう。シダ、イチジクの木、フィロデンドロン、ゼラニウムは、やや湿った土で最もよく育ちます。ですからこれらの木には、もう少し頻繁に水をあげるようにしましょう。大量の水を必要とする植物には、たとえばアジサイ、キャナビス(麻)、モトルドテール、トリカブト、ワスレナグサ、ベルフラワー、バラなどがあります。

ヒント 2.日光の量、温度、湿度を考慮する

植物は完全に日にあたっていますか?日にあたっている場合、間接的に日光を浴びる植物よりも早く乾くことになります。そのため、日なたにある植物はより多くの水を必要とします。植物はまた、より高い温度、そしてより乾いた空気(低い湿度)のもとでは、より多くの水が必要になります。

理想的な湿度は、多くの要因で変わります。たとえば、若い植物や切り枝は通常80から85パーセントの高い湿度が必要ですが、より成長段階が進んだ植物は、最大で60パーセントの湿度を保っています。しかしこれも、植物の種類によって異なります。

ヒント 3.水分計を使う

土の中の水分量を測る装置が販売されています。植物の根元部分の土に設置します。数秒後、まだ土が十分湿り気を帯びているかがわかります。これは、指でも確かめることができます。ここで大切なのは、指を土の表面から数センチの深さまで入れることです。根元の部分は乾いていますか?もし乾いているなら、水をあげましょう。

ヒント 4.水の量は、鉢の容量の5~10パーセントに設定する

ここで役立つヒントを一つ。与える水の量を鉢の容量の5~10パーセントにしましょう。そうすると、通常、植物にほどよい量の水を与えることができます。植物は庭にありますか?通常、庭に植えてある植物は、鉢に植えられている植物よりも少ない量の水しか必要としません。そうした植物は土の中深くまで根が張るため、より自由に水を取り入れることができます。土に植えられている植物が水を必要とするのは、長くにわたって乾燥し、暑い時期です。

ヒント 5.開花時期を考慮する

植物は今、開花時期にありますか?もしそうなら、やはりより多くの水が必要です。開花の時期には、植物はより多くの水分を蒸発させます。もし植物が現在花をつけているのなら、水の必要性はより大きくなります。

より早く成長させたいですか?それなら、成長剤の使用を考えましょう。BACでは、さまざまなオーガニックな成長剤の製品を取り揃えています。

« 戻る

« バック

Scroll to top