• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

根腐れの場合はどうしますか?

wortelrot-1-bac-online.jpg10 abr

茶色の斑点、茶色の茎、枝の壊死、発育不良、悪臭:このような症状がある場合、根腐れの可能性があります。根腐れの原因は菌類物質です。非常に多種な菌類が存在するため、どの菌が作物に悪影響を与えるかを見わけるのは困難です。しかし根腐れに対して何もしないと、最終的に作物は死んでしまいます。

DNAマルチスキャン

DNAマルチスキャンにより、根腐れの原因となる真菌を迅速かつ確実に特定できます。この手法により真菌の正体が判別され、正しいアクションを実行できます。考えられるのは:

  • 良好な灌漑用水の使用(塩分が少ないもの、水道水ではなく例えば雨水)
  • 根刺激剤の投与(BAC Organic Grow)
  • 良好な排水の確保
  • 影響を受けた植物を取り除く

根腐れの原因となる菌はどれですか?

根腐れを引き起こす一般的な菌類は5種類あります:

  • フィトフトラ(Phytophthora):この真菌は、植物の茎基部まで影響を与える可能性があります。特に冷たい灌漑水や低温ショック状態で急速に進行します。寒い日や夜間に最も進行しやすい特徴があります。
  • フザリウムソラニ(Fusarium solani):この菌は最初に根を攻撃し、次に茎の根を攻撃していきます。また20〜30°Cの温度状態で最も速く進行します。
  • リゾクトニアソラニ(Rhizoctonia solani): この菌の影響を受けた植物は黄色に変わり、最終的には死んでしまいます。茎が収縮して、倒れてしまう可能性もあります。この状態は低温(15-20°C)状態で最も進行します。
  • ティエラビオプシス バシコラ(Thielaviopsis basicola):植物がこの菌の侵食を受けている場合は、茶色の斑点や、茶色の葉腋が見られることがあります。涼しい日に異常が発生し、作物は根腐れの影響を最も受けやすくなります。
  • ピシウム (Pythium): この(二次)菌は、弱った植物または若い植物にのみ影響します。維管束の緩い樹皮によって認識できます。特に湿った状態で20℃の温度で、急速に進行します。そのため、水質管理の改善をすると効果が高くみえます。鉢の温度が高くなりすぎないことも重要です。

根腐れを防ぐにはどうしたらいいですか?

最も知られる対策は、「治療するより予防する方が良い」です。排水をよく行うことで、多様な根腐れを防ぐことができます。したがって、土壌と灌漑用水の状態をテストすることが重要です。水がよく排水できていれば、カビの可能性が低くなります。DNAマルチスキャンを使用して真菌の成長を早期に検出することにより、根腐れを防ぐこともできます。

もっと詳しくお知りになりたいですか?

あなたの植物は根腐れを起こしていますか?詳細については、お気軽にお問い合わせください。専門家が喜んでお手伝いします。

« バック

Scroll to top